事業所得がある場合の確定申告の方法について

事業所得がある場合の確定申告の方法について

dollar-1362244_640

個人事業主の方は、事業から得た収入について所得税を計算して納付しなくてはなりません。

年に1回、所得税の計算を行う手続きのことを確定申告といいます。

ここでは事業者の方が確定申告を行う時に必要になる作業について簡単に解説させていただきます。

赤矢印確定申告の相談はこちらへ

決算書から事業所得を計算する

事業者の方は、多くの場合毎日の営業活動で使ったお金や、入ってきた売上のお金を会計データとして記録していますよね。

市販の会計ソフトを使ってもいいですし、取引量の少ない事業者の方であれば手書きで経理書類を作成しても問題ありません。

日々の会計データを勘定科目(売上や外注費といった収支内容に基づいた項目のことです)ごとに合計金額を計算します。

売上や経費に関するデータを、勘定科目ごとに1年間の金額で集計した計算書類のことを「損益計算書」と呼びます。

損益計算書とはごく簡単にいうと「売上 – 経費」という計算で「利益」を計算するための計算書類です。

青色申告を選択している事業者の方であれば、この利益の金額から「青色申告特別控除(65万円)」を差し引きした金額が事業所得の金額ということになります。

たとえば、売上が年間1000万円、経費の合計額が年間で800万円だったとすると、事業所得は「売上(1000万円) – 経費(800万円) – 青色申告特別控除(65万円)=135万円」と計算することができます。

赤矢印確定申告の相談はこちらへ

事業所得以外にも収入がある人の場合

事業収入による所得は「事業所得」として計算しますが、それ以外の種類の所得がある場合には、それぞれの所得の種類ごとに計算を行います。

例えば、事業をやりながらもサラリーマンとして企業に属して活動しているという方であれば事業所得に加えて「給与所得」が発生しています。

また、事業をしているけれど年金も受け取っているという方であれば事業所得に加えて「雑所得」が発生していることになります。

いずれの所得も基本的には「収入 – 必要経費」で所得を計算することができますが、お給料収入や公的年金の場合にはこの必要経費の金額は法律であらかじめ決まっています。

これを給与所得控除額や、公的年金等控除額といったように呼びます。

これらの所得の金額は以下のように計算します。

給与所得=給与収入額 – 給与所得控除額
雑所得(年金によるもの)=年金収入額 – 公的年金等控除額

赤矢印確定申告の相談はこちらへ

所得控除の金額を計算しよう

事業所得の金額が計算できたら、次に「所得控除(しょとくこうじょ)」の金額を計算します。

所得控除というのは社会保険料や生命保険料など、一定の種類の支出をした場合に、先の字魚所得の金額から差し引きできるものを言います。

つまり、所得控除がたくさんある人ほど所得税の金額も安くなるということですね。

所得控除の種類としては社会保険料控除、生命保険料控除、地震保険料控除、配偶者控除や扶養控除などがあります。

赤矢印確定申告の相談はこちらへ

所得控除を利用するためには、「控除証明」が必要

こうした所得控除を認めてもらって所得税の金額を安くするためには、「控除証明」という書類を確定申告書類に添付する必要があります。

控除証明は生命保険料控除であれば生命保険会社など、それぞれ保険料等を支払った相手方が発行してくれることが多いです(地震保険料であれば損害保険会社が発行します)

ただし、社会保険料控除に関しては控除証明というものは発行されません。

社会保険料控除を認めてもらうためには社会保険料を支払った時に受け取った領収書などがあればOKです(銀行通帳のコピーなどでも構いません)

赤矢印確定申告の相談はこちらへ

所得税の金額を計算する

所得の合計額を計算し、所得控除の金額を計算したら、所得の合計額から所得控除の合計額を差し引きしましょう。

こうして計算した金額に、所得税率を掛け算することで所得税額を求めることができます。

赤矢印確定申告の相談はこちらへ

税額控除がある場合は税金額からさらに差引く

上記で求めた所得税額から、さらに差し引きをして税金を安くしてもらえることがあります。

これが住宅ローン控除などの「税額控除(ぜいがくこうじょ)」と呼ばれる制度です。

例えば所得税の金額が10万円、税額控除の金額が6万円というケースであれば、4万円(10万円 – 6万円)が実際に負担するべき所得税額ということになります。

赤矢印確定申告の相談はこちらへ

まとめ

事業所得の申告は、事業の規模が大きくなるほどに複雑になります。

複雑になった事業所得の計算を「1年に1度だけまとめて行う」というのは大変な作業になりがちです。

常日頃から事業に関する会計データを蓄積していくことが大切になります。

また、会計データは経営者として判断を行う際に判断材料として役立つという側面もありますので、必要な場合には税理士に相談することも選択肢に入れてみると良いでしょう。

赤矢印確定申告の相談はこちらへ

個人事業主の皆様、確定申告で大切な時間を割いていないでしょうか?業務に専念するお時間を割かないためにも、確定申告の処理は我々プロにお任せ下さい。
アレシア税理士法人では、個人確定申告代行サービスをご用意しました。領収書など経費がわかる書類やメモを頂ければ、様々な節税対策をご提案いたします。

赤矢印確定申告の相談はこちらへ

こんなお悩みを一つでもお持ちの方は是非無料相談にお問合せ下さい。

アレシア税理士法人に依頼するメリット

1 )節税対策ができます。

税金の計算は、複数の方法から自分に有利なものを選択するなど様々な節税の特典があります。この特典を知らないまま確定申告書を税務署に提出してもそのことを税務署は指摘してくれないので過大に税金を払っているケースがあります。

アレシア税理士法人は個人事業主の依頼主が多く、長年培ったノウハウがあります。
どのような選択をすれば節税できるのかはプロのアドバイスを聞くのが一番です。

2 )時間の節約ができます。

領収書の整理や記帳など自身で経理業務をやっている方は、相当な手間をかけています。経理業務の時間を節約し、本来優先すべき本業の時間に専念することができます。

3 )経営アドバイスなど様々な相談ができます。

弊社は、税務業務以外の業務においても資金調達・経営相談など日頃から様々な相談を受けています。金融機関や不動産業者や弁護士・司法書士など幅広いネットワークを持っているため弊社を窓口にワンストップで相談にお答えできます。また、資金調達については財務内容を把握している弊社が金融機関をご紹介したり、またアドバイザーとしてご同行・交渉をするといったサポートを受けるメリットがあります。

赤矢印確定申告の相談はこちらへ

確定申告代行料

年商 料金
500万円未満 10,000円~
500万円以上1,000万円未満 50,000円~
1,000万円以上 100,000円~

※確定申告料金に関しましては、事前にお見積もりを提示します。お客様もご納得な価格にてご提供させて頂いておりますが、他社では真似できない低価格にてご提供しております。

赤矢印確定申告の相談はこちらへ

最新情報

2017.02.10
青色専従者控除
2017.02.10
消費税の還付手続きをしたい個人事業主様へ
2017.02.08
確定申告 | 節税のポイント
2017.02.08
確定申告の基本的な計算方法と必要書類について
2017.02.08
住宅ローン控除の必要書類や手続きの流れ

全てを表示

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせ

何でも相談会

住宅ローン借り換えセンター

アレシア税理士法人の確定申告サービスです。

アレシア税理士法人の公式ホームページです。

ページトップへ↑