会社設立 融資 | 日本政策金融公庫でのお金の借り方を解説!

会社設立 融資 | 日本政策金融公庫でのお金の借り方を解説!

dollar-1362243_640

国民政策金融公庫は、現在は「日本政策金融公庫」という名称で活動を行っている政府系金融機関です。

一般的な金融機関では開業してから数年間はたたないとなかなか思うように融資を受けられないのが普通ですよね。

ですが、日本政策金融公庫では開業をして間もない創業者の方にも積極的に融資を行っている点に特徴があります。

ここでは日本政策金融公庫でのお金の借り方について、手続きの流れや必要書類などについて確認しておきましょう。

実際に日本政策金融公庫の融資を申し込むときには、最寄りの支店に電話で相談するようにしましょう。

赤矢印公庫からの資金調達を考えている方はこちらからご相談ください

国民政策金融公庫(日本政策金融公庫) 融資実行までの流れ

日本政策金融公庫に融資を申し込むと、融資担当者との面談が必要になります。

まずは電話で最寄りの支店に連絡をして、面談日程のアポイントをとるところからスタートです。

電話で相談してから1週間後ぐらいの日時を指定されることが多いので、下記で説明する必要書類を揃えて支店に出向きましょう。

赤矢印公庫からの資金調達を考えている方はこちらからご相談ください

必要書類

個人事業主の方の場合は直近2年分の確定申告書類を用意しましょう。

事業開始からまだ間もないため確定申告を行ったことがないという場合は事業の状況がわかるような会計ソフト出力の試算表などを持参すると良いでしょう。

法人企業の方の場合は直近2年分の法人税申告書類、法人登記事項の全部証明書などを持っていく必要があります。

赤矢印公庫からの資金調達を考えている方はこちらからご相談ください

面接〜現金振込

面談では借りる予定のお金の使途などを確認されます。

提出する決算関連の書類に基づいて事業の現況などについて説明を求められますので、今後の展望などを説明するようにしましょう。

問題がなければ面談から1週間〜2週間程度で融資実行となります。

指定した銀行口座にお金が振り込まれますので、以降は返済計画にもとづいて毎月返済を行なっていくことになります。

赤矢印公庫からの資金調達を考えている方はこちらからご相談ください

自己資金がないと借りられない?

日本政策金融公庫の融資では自己資金がおおむね3分の1程度必要と言われることが多いですよね。

最近新創業融資の自己資金要件は緩和されて「10分の1以上の自己資金が必要」ということになりましたが、実際にはこれは最低条件であって10分の1程度の資金では融資審査で落とされてしまうことが多いようです。

日本政策金融公庫の融資は無担保、無保証人で受けられますが、その分自己資金要件はある程度厳密に確認されることが多いでしょう。

自己資金の金額については銀行通帳などを確認されます。

一時的に友人などにお金を振り込んでもらう「見せ金」などは自己資金として認められない場合もありますので注意が必要です。

赤矢印公庫からの資金調達を考えている方はこちらからご相談ください

最新情報

2017.08.14
セミナー登壇の告知
2017.02.10
青色専従者控除
2017.02.10
消費税の還付手続きをしたい個人事業主様へ
2017.02.08
確定申告 | 節税のポイント
2017.02.08
確定申告の基本的な計算方法と必要書類について

全てを表示

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせ

何でも相談会

住宅ローン借り換えセンター

アレシア税理士法人の確定申告サービスです。

アレシア税理士法人の公式ホームページです。

ページトップへ↑