会社設立 融資 | 国金(日本政策金融公庫)の審査期間はどのぐらい?

会社設立 融資 | 国金(日本政策金融公庫)の審査期間はどのぐらい?

カレンダーとペン

国金(日本政策金融公庫)から融資を受けるためには、まずは審査を受けなくてはなりません。

事業者の方の場合、資金繰りを安定的に行うためにも少しでも早く融資実行をして欲しいところですよね。

実際には、日本政策金融公庫の審査期間は「初めて融資を受ける場合」と「過去に融資をしてもらったことがある場合」とで差があります。

当然、過去に融資をしてもらい、返済を行ってきた実績のある人の方が審査にかかる期間も短くて済みます。

赤矢印公庫からの資金調達を考えている方はこちらからご相談ください

初めて日本政策金融公庫から融資を受ける場合の必要期間

初めて日本政策金融公庫からお金を借りる場合には、2週間〜3週間程度は審査期間が必要になると考えおいたほうが良いでしょう(日本政策金融公庫の公式説明では3週間)

急ぎの場合はその旨申し出れば急いでもらえることもありますが、あまり急いでいることをアピールしてしまうと「経営状況が非常に苦しいのでは?」と考えられて審査が不利になってしまうという可能性もありますので注意が必要です。

必要書類に不備があると審査期間が長引いてしまうということもありますので、融資窓口に相談に行く前に連絡をして書類をそろえておくことも大切です。

赤矢印公庫からの資金調達を考えている方はこちらからご相談ください

過去に国金(日本政策金融公庫)との取引実績がある人の必要期間

過去に日本政策金融公庫から融資を受けたことがあり、これまでに返済を期日どおりに行ってきている人の場合は比較的早く融資を行ってもらうことができます。

審査にかかる期間はおよそ1週間以内であることが多いです。ただし、過去に実績があると言っても最新の決算書や試算表などを提示する必要がありますし、直近の経営状況についてのヒアリングが行われるのが一般的です。

なお、最後の取引(過去の借入の完済)から3年が経過すると、日本政策金融公庫内でデータが更新されてしまうため、新規の取引と同じ扱いになるという面もあるようです。

融資担当者も数年おきに転勤となるため、しばらく取引から遠ざかっている場合にはまったくの新規扱いとなってしまうケースもあるので注意が必要です。

赤矢印公庫からの資金調達を考えている方はこちらからご相談ください

最新情報

2018.02.02
節税のポイント・平成29年度の確定申告代行します
2018.02.02
青色専従者控除について 平成29年度の確定申告代行します
2018.02.02
エステ店の確定申告代行ならアレシア税理士法人まで
2018.02.02
運送業 確定申告代行 税理士に丸投げ
2018.02.01
飲食業の確定申告 税理士に依頼 全国対応!

全てを表示

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせ

何でも相談会

住宅ローン借り換えセンター

アレシア税理士法人の確定申告サービスです。

アレシア税理士法人の公式ホームページです。

ページトップへ↑