確定申告は自分ですべきか?税理士に任せるべきか?

確定申告は自分ですべきか?税理士に任せるべきか?

27ae3531e00ce92c73db57cb779d69ce_s

個人事業主として活動しているフリーランスの方は、毎年2月〜3月に「確定申告」という手続きを行う必要があります。

確定申告では、年間の「売上」の金額から「経費」の金額を差し引きして、所得の金額を計算を行います。

この所得の金額が小さくなるほど税金も安くなりますので、経費をできるだけ増やすことが税金対策上は必要になります。

経費として処理できる範囲には法律上のルールがありますので、正しく日々の処理を行うようにしましょう。

赤矢印確定申告の相談はこちらへ

経費とは「売上を上げるために必要な出費」

経費は正確には「必要経費」とよびます。

その名の通り、「売上を上げるために必要だった支出」だけが必要経費として処理することができます。

そのため、売上には関係ないような支出に関しては必要経費として処理することはできません。

たとえば家族で食事をするための外食代や、プライベートで乗るために購入した車両代などは経費として処理することはできないことになります。

一方で得意先の人と仕事の打ち合わせで食事をした場合や、仕事で外回り営業のために車を購入したという場合には必要経費として処理することが可能です(実際には車両購入代金は減価償却費として処理します)

経費の金額が大きくなるほど税金が安くなることになりますので、何でもかんでも支出を経費として処理するのはいけません。

支出を経費として認めてもらうためには、前記の「売上を上げるために必要な支出であること」という要件とともに、領収書などの支出を証明する書類が保管されていることが必要です。

領収書には支出の内容を記載するとともに、支払った相手先、一緒に食事をした人の氏名や会社名なども小書しておくようにしましょう。

赤矢印確定申告の相談はこちらへ

確定申告は自分でできる?

このようにして保存した領収書などの証拠書類をもとに、会計ソフトなどを使って会計データを作成していきます。

作成した会計データは年に一度科目ごとに集計を行い、そのデータをもとに確定申告を行います(確定申告は国に対してあなたの収入と支出の金額を報告し、税金の金額を自己申告する手続きです)

近年では会計ソフトも優秀で安価になってきていますので、自力で確定申告をするフリーランスの方も多くなってきました。

毎日の入力作業さえ正確に行えていれば確定申告書類の作成自体はそれほど難しいことではありません。

会計ソフトそのものの値段もどんどん安くなってきていますので、ご自分に合ったものを探してみると良いですよ(弥生会計やマネーフォワード、会計Freeeなどが有名です)

確定申告を自力で行うべきか、専門家(税務に関する相談は税理士に依頼できます)に依頼して行うかは事業の規模や実際に経理処理をする人の業務負担によって判断する必要があります。

判断のポイントとしては「経理作業を行うのに時間がとられてしまい、本業に支障が出ている」というようなときには迷わず税理士に相談するようにしましょう。

経理作業は重要な仕事ですが、それ自体は売上を生む作業ではありません。

たとえばこの経理作業をするために得意先をまわる時間が取れない…というのでは本末転倒です。

あなたの業務負担の程度と相談しながら税理士を利用するかどうかは判断されると良いでしょう。

赤矢印確定申告の相談はこちらへ

まとめ

まとめると、経費として処理できるのは「事業で売上を上げるために必要な支出」ということになります。

どの支出が経費として処理できるか?に迷った時には「この支出が売上につながっているかどうか」を考えてみると判断しやすいですよ。

経費の処理は税務調査などでも入念にチェックされるポイントですのでルールに従って正しく処理するようにしましょう。

赤矢印確定申告の相談はこちらへ

個人事業主の皆様、確定申告で大切な時間を割いていないでしょうか?業務に専念するお時間を割かないためにも、確定申告の処理は我々プロにお任せ下さい。
アレシア税理士法人では、個人確定申告代行サービスをご用意しました。領収書など経費がわかる書類やメモを頂ければ、様々な節税対策をご提案いたします。

赤矢印確定申告の相談はこちらへ

こんなお悩みを一つでもお持ちの方は是非無料相談にお問合せ下さい。

アレシア税理士法人に依頼するメリット

1 )節税対策ができます。

税金の計算は、複数の方法から自分に有利なものを選択するなど様々な節税の特典があります。この特典を知らないまま確定申告書を税務署に提出してもそのことを税務署は指摘してくれないので過大に税金を払っているケースがあります。

アレシア税理士法人は個人事業主の依頼主が多く、長年培ったノウハウがあります。
どのような選択をすれば節税できるのかはプロのアドバイスを聞くのが一番です。

2 )時間の節約ができます。

領収書の整理や記帳など自身で経理業務をやっている方は、相当な手間をかけています。経理業務の時間を節約し、本来優先すべき本業の時間に専念することができます。

3 )経営アドバイスなど様々な相談ができます。

弊社は、税務業務以外の業務においても資金調達・経営相談など日頃から様々な相談を受けています。金融機関や不動産業者や弁護士・司法書士など幅広いネットワークを持っているため弊社を窓口にワンストップで相談にお答えできます。また、資金調達については財務内容を把握している弊社が金融機関をご紹介したり、またアドバイザーとしてご同行・交渉をするといったサポートを受けるメリットがあります。

赤矢印確定申告の相談はこちらへ

確定申告代行料

年商 料金
500万円未満 10,000円~
500万円以上1,000万円未満 50,000円~
1,000万円以上 100,000円~

※確定申告料金に関しましては、事前にお見積もりを提示します。お客様もご納得な価格にてご提供させて頂いておりますが、他社では真似できない低価格にてご提供しております。

赤矢印確定申告の相談はこちらへ

最新情報

2017.08.14
セミナー登壇の告知
2017.02.10
青色専従者控除
2017.02.10
消費税の還付手続きをしたい個人事業主様へ
2017.02.08
確定申告 | 節税のポイント
2017.02.08
確定申告の基本的な計算方法と必要書類について

全てを表示

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせ

何でも相談会

住宅ローン借り換えセンター

アレシア税理士法人の確定申告サービスです。

アレシア税理士法人の公式ホームページです。

ページトップへ↑