株式投資で確定申告を行う際の計算方法

株式投資で確定申告を行う際の計算方法

dollar-544956_640

「株式投資で損をしたら確定申告をするべき」という話を聞いたことがある方も多いかもしれません。

株式投資で損失を出してしまった年は、確定申告を行うことで税金の負担を少なくしてもらうことができるのです。

ここでは、株式投資で損失を出してしまった場合に確定申告を行うメリットについて解説させていただきます

赤矢印確定申告の相談はこちらへ

株式投資で損をした時には、確定申告で税金が安くなる

上場株式の取引(東証1部や2部などで扱われている銘柄の取引のことです)ではポジションの決済を行うたびに所得税が天引きされています(その取引で利益が出た場合)

ですが、1回1回の売買では利益が出ていたとしても、1年間のトータルで見て損失となっている場合には本来は1円も負担する必要はありません。

このような場合(1年間のトータルでは損失が出ている場合)に、確定申告を行わなかったとすると税金の計算上でも損をしてしまうことになります。

赤矢印確定申告の相談はこちらへ

年間トータルで損失でも、確定申告をしないと天引きされた税金は返ってこない

年間を通して損失が出た年には、本来は1円も所得税を負担しなくても良いはずです。

ですが、たまたま利益が出た取引があったときに天引きされた所得税はそのまま天引きされたままになってしまいます。

年間を通して損失となった年には、確定申告を行うことによって取引のたびに天引きされていた源泉所得税を返してもらうことができますよ。

しかも、株式投資で損失が出た時には、その損失を翌年以降3年間に渡って繰り越すことができるのです(次の項で説明します)

赤矢印確定申告の相談はこちらへ

「3年間に渡って損失を繰り越す」ってどういうこと?

これは、株式投資を行っている人にとってはメリットのある仕組みということができます(税金の負担を少なくしてもらえるルールです)

「株式投資の損失を翌年以降3年間に渡って繰り越す」というのは例えば以下のようなことをいいます。

1年目:80万円の損失(これを繰り越す)
2年目:50万円の利益
3年目:20万円の利益
4年目:10万円の利益

このような場合に、1年目の損失80万円は翌年以降3年間にわたって繰り越すことができます。

そのため、税金の計算上では以下のような扱いになります。

1年目:80万円の損失(税金0円)
2年目:利益50万円 – 繰越損失50万円=0円の利益(税金0円)
3年目:利益20万円 – 繰越損失20万円=0円の利益(税金0円)
4年目:利益10万円 – 繰越損失10万円=0円の利益(税金0円)

このように、1年目に損失が出てしまった時に確定申告を行っておくと、翌年以降に利益が出たとしても税金の負担を少なく(場合によっては0円に)できるのです。

株式投資は経験がものをいう世界ですから、始めたばかりの年は失敗に終わることが多いかもしれません。

お金を増やすために始めた株式投資なのに、結果として損失を負ってしまった時にはとても嫌な気分になりますよね。

そんなときに「今年は結果として損が出たけれど、これで翌年以降の税金が安くできる」ということを知っていれば少しは前向きな気分になれるかもしれませんよ(もちろん、ちゃんと取引で利益を出せるのが理想なのですが…)

赤矢印確定申告の相談はこちらへ

申告書の作成

株式投資に関して確定申告を行うためには、利用している証券会社が発行してくれる「年間取引報告書」が必要です。

また、地震保険料や生命保険料、社会保険料などを支払っている場合には所得から差し引きをすることができます。

サラリーマンの方であれば勤務先で年末調整をしているはずですので、源泉徴収票を見ればこれらの金額を把握することができます。

個人事業主の方は、地震保険料や生命保険料については各保険会社が発効する「控除証明」を用意し、社会保険料については年間で支払っている金額がわかるもの(銀行通帳や領収書など)を用意するようにしましょう。

確定申告書の記入方法は国税庁のホームページで手に入る「株式等の譲渡所得等の申告のしかた」が参考になります。

株式に関する確定申告では、「計算明細書」と「確定申告書」の2つを作成することになります。

赤矢印確定申告の相談はこちらへ

まとめ

以上、株式投資で確定申告を行う際の計算方法について簡単に解説させていただきました。

手元にあるお金を増やすために行うのが株式投資ですから、トータルで利益がきちんと出るのが理想ですよね。

損失が出た年には計算なんてしたくもない…というのが本音という方も多いかもしれません。

ですが、今回ご説明させていただいたような損失が出たケースでは無駄に税金の負担を増やしてしまうことも珍しくありません。

投資で損をしてしまったときには、確定申告を行うことによって少しでも税金の負担を少なくしてもらいましょう。

赤矢印確定申告の相談はこちらへ

個人事業主の皆様、確定申告で大切な時間を割いていないでしょうか?業務に専念するお時間を割かないためにも、確定申告の処理は我々プロにお任せ下さい。
アレシア税理士法人では、個人確定申告代行サービスをご用意しました。領収書など経費がわかる書類やメモを頂ければ、様々な節税対策をご提案いたします。

赤矢印確定申告の相談はこちらへ

こんなお悩みを一つでもお持ちの方は是非無料相談にお問合せ下さい。

アレシア税理士法人に依頼するメリット

1 )節税対策ができます。

税金の計算は、複数の方法から自分に有利なものを選択するなど様々な節税の特典があります。この特典を知らないまま確定申告書を税務署に提出してもそのことを税務署は指摘してくれないので過大に税金を払っているケースがあります。

アレシア税理士法人は個人事業主の依頼主が多く、長年培ったノウハウがあります。
どのような選択をすれば節税できるのかはプロのアドバイスを聞くのが一番です。

2 )時間の節約ができます。

領収書の整理や記帳など自身で経理業務をやっている方は、相当な手間をかけています。経理業務の時間を節約し、本来優先すべき本業の時間に専念することができます。

3 )経営アドバイスなど様々な相談ができます。

弊社は、税務業務以外の業務においても資金調達・経営相談など日頃から様々な相談を受けています。金融機関や不動産業者や弁護士・司法書士など幅広いネットワークを持っているため弊社を窓口にワンストップで相談にお答えできます。また、資金調達については財務内容を把握している弊社が金融機関をご紹介したり、またアドバイザーとしてご同行・交渉をするといったサポートを受けるメリットがあります。

赤矢印確定申告の相談はこちらへ

確定申告代行料

年商 料金
500万円未満 10,000円~
500万円以上1,000万円未満 50,000円~
1,000万円以上 100,000円~

※確定申告料金に関しましては、事前にお見積もりを提示します。お客様もご納得な価格にてご提供させて頂いておりますが、他社では真似できない低価格にてご提供しております。

赤矢印確定申告の相談はこちらへ

最新情報

2017.02.10
青色専従者控除
2017.02.10
消費税の還付手続きをしたい個人事業主様へ
2017.02.08
確定申告 | 節税のポイント
2017.02.08
確定申告の基本的な計算方法と必要書類について
2017.02.08
住宅ローン控除の必要書類や手続きの流れ

全てを表示

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせ

何でも相談会

住宅ローン借り換えセンター

アレシア税理士法人の確定申告サービスです。

アレシア税理士法人の公式ホームページです。

ページトップへ↑