会社設立 融資 | 中小企業向けの融資を考える

会社設立 融資 | 中小企業向けの融資を考える

街並み

資金的な体力の少ない中小企業者にとって、金融機関からの融資を適切なタイミングで受けられるかどうかは重要な問題です。

ここでは銀行からの融資を有利な条件で受けるためにはどのような方法があるか?ということについて考えてみましょう。

赤矢印公庫からの資金調達を考えている方はこちらからご相談ください

銀行との取引実績を作ることで次回融資が受けやすくなる

ビジネス書などを見ると、「開業当初は売上が不安定なので、まずは無借金での経営を目指しましょう」ということがよく書かれてあります。

確かに、銀行などの金融機関からお金を借りると利息の負担が発生するため、事業開始初期では無借金で経営できることは大きなメリットがあります。

ですが、資金繰りの対策は資金に余裕がある時にこそやっておく必要があります。銀行は取引実績のある事業者には有利な条件で貸付をしてくれることがあるためです。

事業が赤字になってから融資を申し込んでも、銀行もお金を貸しにくくなってしまいます。
事業の状態が思わしくなく、しかも銀行との取引実績のない人が無担保などの有利な条件で融資を受けることは難しいと言えます。

資金的に余裕があったとしても銀行との付き合いの意味をこめて少額の融資を受けておくことも考えてみると良いでしょう。

事業が好調な時に銀行との取引実績を作っておけば、将来的に融資が必要になった時にスピーディに借入を受けることが可能になりますよ。

赤矢印公庫からの資金調達を考えている方はこちらからご相談ください

無借金で開業する方法は?

無借金で経営する方法としては自己資金(貯金)だけで開業する方法や、親族や友人からの資金提供を受けるなどの方法があります(借りたお金は返す必要がありますが、利息の負担などはないのが普通です)

また、近年ではインターネット経由で自分が始めようとしている事業について紹介し、不特定多数の人から出資を受け付ける「クラウドファンディング」という方法もあります。

1000円〜10000円といった小口の資金提供を百人〜数千人単位で受け付けることにより大きな資金提供を受けられる可能性があります。
提供を受けた資金は「借入」ではなく、「出資」となるため、原則として返済義務はありません。
株式の出資を受けた時と同じように、利益が出た時にだけ分配金などの形でお金を支払うので、事業者側が負うリスクは最低限に抑えることが可能になります。

赤矢印公庫からの資金調達を考えている方はこちらからご相談ください

返済の実績を作れば、次回の融資を受けやすくなる

日本政策金融公庫はこれまで金融機関との取引実績のない新規開業者なども融資を受けやすいと言われています。

ですが、お金を貸す側の立場としては「これまでに取引実績が全くない人」と「これまで何年も返済をきちんと行ってきている人」とでは、後者の方が融資を行いやすいと考えるのが当然です。

このような点を考慮して、お金に余裕のある時期でも返済実績を作っておくことが有効です。
事業が好調な時であれば金利も低く設定してもらえる可能性が高いですし、借りたお金は必ず使わないといけないというわけでもありません。

事業が好調で資金的に余裕がある時ほど、将来的に融資が必要になった時に備えておくことが大切です。

赤矢印公庫からの資金調達を考えている方はこちらからご相談ください

最新情報

2017.02.10
青色専従者控除
2017.02.10
消費税の還付手続きをしたい個人事業主様へ
2017.02.08
確定申告 | 節税のポイント
2017.02.08
確定申告の基本的な計算方法と必要書類について
2017.02.08
住宅ローン控除の必要書類や手続きの流れ

全てを表示

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせ

何でも相談会

住宅ローン借り換えセンター

アレシア税理士法人の確定申告サービスです。

アレシア税理士法人の公式ホームページです。

ページトップへ↑