会社設立 融資 | 美容業経営で考えるべき融資

会社設立 融資 | 美容業経営で考えるべき融資

美容室

美容室や理容室で仕事をされている方は「いつかは自分のお店を持ちたい」と考えながらがんばっているという方多いですよね。

美容業は時代を問わずニーズのある仕事ではありますが、開業当初の設備投資額が大きいのが特徴です。

最初は小規模に始めたとしても施術用席2台にシャンプー台1台程度は必要になりますが、内装にも手を抜くわけにはいかないので最低でも1000万円程度は資金が必要になってきます。

赤矢印美容業経営で資金調達を考えている方はお気軽にご相談ください

開業時にどれだけのキャッシュフローを期待できるか

美容室、理容室はお客さんから現金で代金を受け取る商売なので、売上がキャッシュ化する期間が短い仕事です。

ですが、客数そのものが少なくては肝心の売上がたたないため、開業前の段階で「自分の施術を目当てで来てくれているお客さんがどれぐらいいるのか?」ということはよく把握しておく必要があります。

赤矢印美容業経営で資金調達を考えている方はお気軽にご相談ください

融資で見られるポイントとは

日本政策金融公庫などでの融資審査で見られるポイントは大きく分けて2つです。

1つ目は事業計画がしっかりしているかどうか。こちらは税理士さんなどとも相談しながらしっかりとしたものを作りましょう。

「売上なんて実際にお店開いてみないことにはわからないよ・・・」と思われるかもしれませんが、近隣の店舗の客足動向をつぶさにチェックしてみるなど、やれることはいくらでもあります。

ライバル店をチェックすることでどのぐらいの売上単価を設定するべきかもクリアになっていきます。

もう1つのポイントはあなた自身の信用情報です。

信用情報というのは要するに「この人にお金を貸して大丈夫か?」という判断基準のことです。
具体的には過去の借入状況と、現在用意できる自己資金の金額が問題となります。

数年間以内に消費者金融からの借入があったり、その借入について債務整理を行っているなどの事情がある場合には融資を受けることが非常に難しくなります。

こうした事情のある方は開業時期の見直しも含めて冷静に事業計画を練っていく必要があるでしょう。

赤矢印美容業経営で資金調達を考えている方はお気軽にご相談ください

公庫融資は開業準備に最適

日本政策金融公庫の融資は一般的な銀行融資と比較して「新規開業を行う人に有利」といわれます。

国の政策として新興企業を応援するということがありますので、それに合わせて運営を行っている公庫では新規事業を起こす人には利率や融資審査において好意的な融資を行ってくれると言えます。

自己資金だけで開業することが難しい場合にはまずは公庫の融資を検討しましょう。

赤矢印美容業経営で資金調達を考えている方はお気軽にご相談ください

最新情報

2017.08.14
セミナー登壇の告知
2017.02.10
青色専従者控除
2017.02.10
消費税の還付手続きをしたい個人事業主様へ
2017.02.08
確定申告 | 節税のポイント
2017.02.08
確定申告の基本的な計算方法と必要書類について

全てを表示

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせ

何でも相談会

住宅ローン借り換えセンター

アレシア税理士法人の確定申告サービスです。

アレシア税理士法人の公式ホームページです。

ページトップへ↑