会社設立 融資 | 日本政策金融公庫:新規開業資金とは

会社設立 融資 | 日本政策金融公庫:新規開業資金とは

開業準備のための内装

これから新しく事業を始めようと考えている人にとって、「開業資金をどうするか?」はもっとも重要な問題の一つです。

自己資金が豊富にある人や、援助をしてくれる親族の人などがいる場合には問題はないでしょうが、そのような恵まれた環境で事業をスタートできる人は少数派です。

必要な開業資金を自己資金でまかなうことができない場合には金融機関からの借り入れに頼ることになります。

その場合には、利率や返済条件が有利な日本政策金融公庫(日本公庫)の新規開業資金を利用することを検討してみましょう。

赤矢印公庫からの資金調達を考えている方はお気軽にご相談ください

日本政策金融公庫の新規開業資金

日本政策金融公庫の新規開業資金は、融資限度額7200万円、借り入れ期間は設備資金として借りる場合には20年以内、運転資金として借りる場合には7年以内の返済となります。

利率としては基本的に日本公庫の「基準利率」が適用となりますが、新しいノウハウに基づいて事業を開始する企業などの場合にはより有利な「特利」が適用してもらえます。

融資については融資担当者との面談が行われます。

日本公庫の融資審査は一般的に新規開業者にやさしいと言われますが、準備不足を指摘され融資を断られてしまうというケースは決して珍しいことではありません。

実際には融資担当者との面談では具体的な事業計画をもとにしっかりとしたプレゼンを行う必要があります。

事業計画の作成に関しては税理士などの専門家に相談してアドバイスを受けることも検討してみると良いでしょう。

赤矢印公庫からの資金調達を考えている方はお気軽にご相談ください

開業資金はすべて自己資金で行くべき?

「中小企業は無借金経営を目指すべき!」という話をよく聞くという事業者の方も多いのではないでしょうか。

確かに、金融機関からの借り入れを行うと利息負担などのコストが重くのしかかってくることになりますから、無駄な借金をすることは避けるべきです。

しかし、事業経営には良い時もあれば悪い時もあります。
経営者としてやるべきことは比較的状況の良い時に最悪の状況に備えておくことでしょう。

具体的には企業業績の良い時ほど金融機関とのつながりをつくっておくことです。
返済の実績がある企業は、まったく金融機関とのつきあいがない企業と比べて有利な融資を受けやすいものです。

場合によっては返済の実績を作るためにあえて金融機関からの借り入れを起こしておくことも必要かもしれません。

そのような場合には貸付条件が一般的な銀行よりも有利な日本政策金融公庫の貸付を活用するようにしましょう。

赤矢印公庫からの資金調達を考えている方はお気軽にご相談ください

最新情報

2017.02.10
青色専従者控除
2017.02.10
消費税の還付手続きをしたい個人事業主様へ
2017.02.08
確定申告 | 節税のポイント
2017.02.08
確定申告の基本的な計算方法と必要書類について
2017.02.08
住宅ローン控除の必要書類や手続きの流れ

全てを表示

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせ

何でも相談会

住宅ローン借り換えセンター

アレシア税理士法人の確定申告サービスです。

アレシア税理士法人の公式ホームページです。

ページトップへ↑