会社設立:誰でもわかる!株主資本を理解しよう

会社設立:誰でもわかる!株主資本を理解しよう

株主資本

会社の純資産の中で、一番重要な株主資本。
あなたは、株主資本がどのようなものかしっかり理解していますか?
今回は、株主資本の基礎知識を簡単に解説していきます!

貸借対照表と純資産について

株主資本を知るには、先に貸借対照表と純資産が何なのかについて知る必要があります。

貸借対照表は、会社のお金の流れを示す書類だと考えて頂ければ、問題ありません。
そして、貸借対照表の項目の一つに純資産というものがあります。

純資産とは、お金を調達してくる際に誰からも借りず、自分で用意したお金のことをいいます。
つまり、誰に返す必要のない自分の好きなように使えるお金です。

この純資産として、株主資本というものがあります。
よって、「株主資本 = 純資産」となります!

株主資本とは

株主資本は、株主からのお金+会社が稼いだお金で算出されます。

さらに、株主資本は大きく「資本金」「資本剰余金」「利益剰余金」の3つに分けられます。

資本金は、出資者が会社に払い込んだお金。
資本剰余金は、新株発行などで増資して発生した剰余金(資本金、資本準備金を差し引いた純資産の金額)。
利益剰余金は、会社に残っている、会社で稼いだお金。

これら、3つを合わせたものが株主資本になり、純資産になります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
株主資本は、資本金、資本剰余金、利益剰余金から構成され、それらが純資産と呼ばれています。
これが、理解できたら貸借対照表についてもっと詳しく調べて見るといいでしょう!

最後まで読んで頂きありがとうございました。

最新情報

2017.08.14
セミナー登壇の告知
2017.02.10
青色専従者控除
2017.02.10
消費税の還付手続きをしたい個人事業主様へ
2017.02.08
確定申告 | 節税のポイント
2017.02.08
確定申告の基本的な計算方法と必要書類について

全てを表示

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせ

何でも相談会

住宅ローン借り換えセンター

アレシア税理士法人の確定申告サービスです。

アレシア税理士法人の公式ホームページです。

ページトップへ↑