会社設立 | 実際どうなの!?会社設立時の資金はどれくらい必要!?

会社設立 | 実際どうなの!?会社設立時の資金はどれくらい必要!?

キーボードとお金

将来起業を考えている方へ。資本金をいくらにしたらいいかわからない…。このサイトからもこのようなご相談はたくさんいただいております。今回はそんな会社設立時の資金についてお話しいたします。

赤矢印設立を考えている方はお気軽にご相談ください

資本金は1円でも良いが、実際は…

まずは、会社の設立は資本金がいくらで設定できるのかについてご紹介します。結論から申し上げますと、資本金は1円でも出資をすれば会社を設立することができます。これは会社法の施行により、できるようになりました。ですが、ここで注意が必要です。資本金とは最初に会社を運営していくための資金です。それが「1円」だけで大丈夫なのでしょうか?現金が1円ではじめることができる事業があるのでしょうか?インターネットでも通信費は1円以上かかります。つまり資本金が1円では会社運営は他から資金を調達しなければ難しいということです。

赤矢印設立を考えている方はお気軽にご相談ください

資金調達の方法は主に2つ

それでは続いて資金調達の方法についてご紹介します。基本的に資金調達は自己資本から出資をした方が、資金繰りは安定します。ただし、自己資本が貯まるのを待っていられないという方もいると思います。その方は、他から資金を借りて事業を開始する方法もあるのです。資金調達は、金融機関や日本政策金融公庫から借入をする融資と、エンジェル投資家クラウドファンディングなどによって資金を出資をしてもらう投資の2つの方法があります。融資は借入ですので、返済が必要で、利息も発生します。投資の場合は返済する必要はありませんが、配当を支払わなければなりません

赤矢印設立を考えている方はお気軽にご相談ください

消費税の恐怖

最後に消費税についてご紹介します。消費税は基本的には「2年前の事業年度の消費税の係る売上が1,000万円以上の場合」に納めなければいけません。つまり創業から2年間は納税が免除されています。この消費税は非常にやっかいです。消費税を納めるために資金が必要ですので、売上の入金が遅い場合は手元にキャッシュがない場合があるからです。さらに10%への増税も決定していますので、さらに負担は増えます。税金の中でもっとも滞納が多い税金が消費税です。この消費税を納税するためにも資本金が潤沢である方が安心なのは言うまでもありません。

赤矢印設立を考えている方はお気軽にご相談ください

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は会社設立時に必要な資金について様々な角度からご紹介をしました。倒産しないためにも資金の設定を真剣に考えることは大切です。

赤矢印設立を考えている方はお気軽にご相談ください

最新情報

2017.08.14
セミナー登壇の告知
2017.02.10
青色専従者控除
2017.02.10
消費税の還付手続きをしたい個人事業主様へ
2017.02.08
確定申告 | 節税のポイント
2017.02.08
確定申告の基本的な計算方法と必要書類について

全てを表示

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせ

何でも相談会

住宅ローン借り換えセンター

アレシア税理士法人の確定申告サービスです。

アレシア税理士法人の公式ホームページです。

ページトップへ↑