株式会社について | 他の会社形態との比較から設立方法まで

株式会社について | 他の会社形態との比較から設立方法まで

株式にするには

日本国内には様々な会社形態が存在します。

会社設立するためには、どの会社を設立するかを決定しなくてはいけませんが、それらすべてに一長一短があります。

今回は「株式会社」について詳しくご紹介します。

赤矢印設立を考えている方はお気軽にご相談ください

会社は株式会社だけではない

一言で会社といってもいろいろな会社形態があります。

合同会社や合資会社や株式会社などです。

赤矢印設立を考えている方はお気軽にご相談ください

合同会社

まず、株式会社と並んで、設立しやすい会社に「合同会社」があります。

これは会社法の制定に伴ってできた比較的新しい会社の形態です。

特徴としては、「有限責任」と「利益配分と権限を自由に分配できること」が特徴です。

赤矢印設立を考えている方はお気軽にご相談ください

合資会社

合資会社は「有限責任」と「無限責任」の社員で構成されている会社です。

無限責任社員は、会社が倒産した場合に全ての債務の返済義務があります。

さらに株式会社は1名でも設立できますが、合資会社は2名以上でないと設立できません。

赤矢印設立を考えている方はお気軽にご相談ください

株式会社

株式会社とは、有限責任の株主によって構成される会社です。

ですので、もし倒産してしまっても、その責任は自分が出資した範囲で収めることができます。

また、株式会社は、社会的認知度が高く、取引先に安心感を与えることができます。

赤矢印設立を考えている方はお気軽にご相談ください

株式会社の設立する方法

続いて株式会社の設立方法についてご紹介します。

株式会社は、法務局に登記をすることによって設立することができます。

そのためには、定款を作成する必要があります。

定款とは、本店所在地や、会社の目的などを記載したもので「会社の憲法」と呼ばれるものです。

この定款を作成しましたら、その「定款の認証」を公証人役場にて行います。

認証が完了して初めて法務局に登記をすることができます。

設立費用は資本金の金額によりますが、25万円~30万円ほどかかります。

資本金は1円からでも設立することが可能です。

赤矢印設立を考えている方はお気軽にご相談ください

まとめ

今回は、株式会社について考えていきました。

株式会社は、他の会社形態に比べ、最低限の責任で設立することができ、また、社会的認知度が高いです。

もし、株式会社を設立したい場合は、是非、弊社にご相談ください。

赤矢印設立を考えている方はお気軽にご相談ください

最新情報

2017.02.10
青色専従者控除
2017.02.10
消費税の還付手続きをしたい個人事業主様へ
2017.02.08
確定申告 | 節税のポイント
2017.02.08
確定申告の基本的な計算方法と必要書類について
2017.02.08
住宅ローン控除の必要書類や手続きの流れ

全てを表示

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせ

何でも相談会

住宅ローン借り換えセンター

アレシア税理士法人の確定申告サービスです。

アレシア税理士法人の公式ホームページです。

ページトップへ↑