会社設立 | 支店登記について。支店と営業所の違いわかります?

会社設立 | 支店登記について。支店と営業所の違いわかります?

支店登記

本社以外に活動拠点を広げていこうとしているあなた。

支店登記を考えてみてはいかがでしょうか?

支店登記をすれば本社とは独立して契約書を作成することができます。

今回は支店登記についてお話していきます。

赤矢印設立を考えている方はお気軽にご相談ください

支店の定義

支店とは商法上では「ある範囲において会社の営業活動の中心となり、本店から離れ独自に営業活動を決定し、対外的取引をなしえる人的物的組織のこと」を言います。

赤矢印設立を考えている方はお気軽にご相談ください

支店と営業所の違い

ここで一番大事なことは、「支店」と「営業所」は違うということです。

支店の場合には登記が必要になりますが、営業所の場合は登記が必要ではなく、税務署の届け出のみになります。

支店には独自性がありますが営業所は本店が管理をします。

赤矢印設立を考えている方はお気軽にご相談ください

支店登記について

支店を設置した場合、2つの場所で登記する必要があります。

「本店所在地を管轄する法務局」と「新しくできた支店の法務局」です。

支店登記の事項は

  1. 商号
  2. 本店所在地の場所

の2点です。

赤矢印設立を考えている方はお気軽にご相談ください

支店か営業所か迷っている方へ

本社とは別に活動拠点を作りたいのだが、支店にしようか営業所か迷っている方も多いと思います。

そんな方のために支店登記のメリットとデメリットをあげていきます。

赤矢印設立を考えている方はお気軽にご相談ください

支店登記のメリット:認知度

支店登記をすれば、法的に新しい事業所として認められることになります。

ですので、営業所よりは新しい事業所としての認知度をあげることができます。

赤矢印設立を考えている方はお気軽にご相談ください

支店登記のメリット:本社とは独立して契約を結ぶことが出来る

支店登記をすれば、本社とは独立して契約を結ぶことが出来るようになります。

決済スピードが早くなり、スムーズに事業を進めることができるのです。

赤矢印設立を考えている方はお気軽にご相談ください

支店登記のデメリット:新たな税金が発生してしまう

まずはデメリットですが、これは税金が発生するということです。

法人税では赤字でも支払わないといけない均等割りと言うものがあります。

これは県と市に納めます。

もし、あなたの支店が新たな県や市でする場合には均等割りが新しく発生します。

この税金の金額は、県や市町村によって異なります。

赤矢印設立を考えている方はお気軽にご相談ください

まとめ

今回は、支店登記についてご説明しました。

支店と営業所、双方にメリットがあり、どちらかがいいと一概に言うことができません。

専門家の意見を聞いた上で、どちらにするか決定することをオススメします。

赤矢印設立を考えている方はお気軽にご相談ください

最新情報

2017.02.10
青色専従者控除
2017.02.10
消費税の還付手続きをしたい個人事業主様へ
2017.02.08
確定申告 | 節税のポイント
2017.02.08
確定申告の基本的な計算方法と必要書類について
2017.02.08
住宅ローン控除の必要書類や手続きの流れ

全てを表示

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせ

何でも相談会

住宅ローン借り換えセンター

アレシア税理士法人の確定申告サービスです。

アレシア税理士法人の公式ホームページです。

ページトップへ↑