会社設立:ごちゃ混ぜになっていないですか?法人会社とは何か?

会社設立:ごちゃ混ぜになっていないですか?法人会社とは何か?

d0e5a37e056328b2abbe5e691fe0bfd7_m

あなたは、将来会社を設立したいと考えていませんか?

もしそうであれば、会社と法人の定義についてご存知でしょうか?

会社設立をするには、専門的な知識が必要になります。

今回は会社法人の定義と違いについて、確認します。

赤矢印設立を考えている方はお気軽にご相談ください

 

会社とは

 

会社とは、会社に対して出資をしてくれる人を募集して、事業を行って利益を出す営利目的の組織体になります。

また、会社は利益を出資者(株式会社の場合は株主)に対して、分配することを目的として集まっている組織体ともいえます。

会社の形態は株式会社合同会社合資会社合名会社4つあり、全て設立することが可能な組織体です。

株式会社の場合、出資者と経営者が異なります

これに対して、株式会社以外の3つの会社はLLCという扱いで、出資者と経営者が同じなため、持分会社とも呼ばれています。

赤矢印設立を考えている方はお気軽にご相談ください

 

法人とは

 

法人とは、法律により、人と同じ権利能力を与えられた組織のことをいいます。

人も法律により、権利能力を与えられている存在です。

法人の定義は、契約の観点から考えます。

人は人の権利能力があるため、口約束や書面により、契約を行います。

同じように、法人も法人名で個人と契約を行います。

商品を販売する場合、販売者は、会社の名前で、個人に商品を販売します。

会社の従業員として働いている場合、個人名ではなく、会社の名前で契約をします。

つまり、法人であることで、契約の主体となれるメリットが生まれます。

赤矢印設立を考えている方はお気軽にご相談ください

 

様々な法人の種類

 

また、法人には、NPO法人、社団法人、一般財団法人、医療法人、宗教法人、協働組合など、いくつかの種類が存在します。

特に、NPO法人は特定非営利活動法人とも呼ばれ、人気のある法人です。

そして、NPO法人や社団法人は、会社と同様に儲けを出し、収益活動を行うことは許されています。

法人も経営していく上では、事業を行い、利益を出していく必要はあります。

また、法人も会社と同様に利益を出したら、給料を払うことは出来ます。

ただし、会社のように、利益を分配することはできません

赤矢印設立を考えている方はお気軽にご相談ください

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

今回は法人会社とは何かを解説しました。

出資者を募集する際には、会社の形態のほうがスムーズにいくでしょう。

ただし、利益を最大限にするのではなく、手短に事業を始めたい場合は、法人の設立を検討してもよいでしょう。

赤矢印設立を考えている方はお気軽にご相談ください

最新情報

2017.02.10
青色専従者控除
2017.02.10
消費税の還付手続きをしたい個人事業主様へ
2017.02.08
確定申告 | 節税のポイント
2017.02.08
確定申告の基本的な計算方法と必要書類について
2017.02.08
住宅ローン控除の必要書類や手続きの流れ

全てを表示

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせ

何でも相談会

住宅ローン借り換えセンター

アレシア税理士法人の確定申告サービスです。

アレシア税理士法人の公式ホームページです。

ページトップへ↑