会社設立:格安で会社設立を代行してくれる業者のカラクリ

会社設立:格安で会社設立を代行してくれる業者のカラクリ

会社設立,格安

インターネット上では、会社設立の手続きを格安で代行する事業者の公告をよくみかけます。

ありえないほど安く設立している業者も多いです。

しかし、これにはカラクリがあります。

今回は、会社設立の格安代行業者がなぜこんなに安くやってくれるのかを考えていきます。

格安の代行事業が可能になるカラクリ

代行事業者が、会社設立の手続きを格安でできるのは、代行事業者が自らの手数料を極端に値引きしているから、というわけではありません。

格安の会社設立の代行事業ができることにはからくりがあります。

カラクリ = 電子定款

そのからくりは、電子定款にあります。

会社を設立するためには、必ず定款を作成しなくてはなりません。

この定款の作成に係る費用は、紙による定款には4万円分の印紙(定款印紙といいます。)を貼らなくてはなりませんから、4万円となります。

しかし、電子定款にすると、定款に印紙を貼る必要はなくなります。

従って、電子定款の場合には、定款作成費用が0円となり、紙による定款作成の場合と比較して、4万円の費用の削減となります。

電子定款を自力で作成するのは大変

電子定款を自力で作成するためには、以下のような手続きなどが必要です。

  • 住民基本台帳カードの取得
  • 電子証明書の取得
  • ICカードリーダーの購入
  • 電子署名プラグインソフトの購入

これらの手続きは煩雑で、費用も手間も相当かかります。

よって、自力で定款を作成する場合には、4万円の定款印紙代がかかっても、紙による定款を作成した方が結局お得だということになります。

代行業者なら安く電子定款を作成できる

しかし、代行業者の場合には、電子定款作成に必要なインフラはすでに整備されておりますから、依頼を受ければ、簡単に電子定款を作成することができます。

代行業者に電子定款を依頼すれば、代行業者に対する手数料(通常は1万円以下)は発生しますが、定款作成費用自体は0円となります。

株式会社の設立の場合には、通常の場合には、登記の登録免許税が15万円、定款印紙代が4万円、定款認証料が5万円で、24万円の費用がかかりますが、電子定款にした場合、定款印紙代が不要となりますから、設立費用は20万円となります。

その他の会社の場合には、通常の設立費用は登記の登録免許税が6万円、定款印紙代が4万円の合計10万円となります。

一方、電子定款にした場合には、定款印紙代が不要となりますから、設立の手数料は登録免許税の6万円のみとなります。

格安の代行事業者に会社設立を依頼することについて

電子定款を利用すれば定款印紙代の4万円が削減できるということを利用して、格安の代行事業者は営業をしているということになります。

よって、価格が安い分、品質が悪いというわけではないので、その意味では安心できます。

ただし、電子定款の場合、紙で作成された定款の原本が残らず、会社の定款がパソコンから出力した定款のコピーしか、設立後の会社に存在しないということになります。

それでは、取引先などに、会社の安っぽい印象を与えたりする場合があります。

格安事業者の利用にあたってはそのようなことも考慮する必要があります。

まとめ

今回は、会社設立の格安代行業者がなぜ格安なのかについて説明しました。

その理由はずばり電子定款にあります。

電子定款で認証するだけで、4万円も安く会社設立できます。

しかし、品質が悪くなるわけではないので、ある程度は安心することができるでしょう。

最新情報

2017.02.10
青色専従者控除
2017.02.10
消費税の還付手続きをしたい個人事業主様へ
2017.02.08
確定申告 | 節税のポイント
2017.02.08
確定申告の基本的な計算方法と必要書類について
2017.02.08
住宅ローン控除の必要書類や手続きの流れ

全てを表示

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせ

何でも相談会

住宅ローン借り換えセンター

アレシア税理士法人の確定申告サービスです。

アレシア税理士法人の公式ホームページです。

ページトップへ↑