会社設立:サラリーマンが法人設立するタイミング教えます!

会社設立:サラリーマンが法人設立するタイミング教えます!

salaryman

不動産投資やネットビジネスなど、
本業の空き時間で副業をしているサラリーマンも少なくはないと思います。

利益が出て法人化を考えた時に、法人設立するメリットや注意点をご紹介していきます。

勤務している会社が副業OKか確認

副業をする前に、勤務先の就業規則や服務規程などで副業の禁止条項がないか確認することはとても大切です。

基本的には副業を認めている会社は多くないと思うのですが、まずはここから始めてみましょう。

確認せずに副業をして勤務先に知れた場合は最悪の場合、解雇などの処分が下る場合があります。

不動産投資は、所得課税900万円以上なら法人化

不動産投資で収益がある方で、法人設立すべきかどうか悩む方も多いと思います。

一般的に、所得税の税率が最高税率の場合には法人設立したほうが有利といわれています。

ズバリ、課税所得が900万円を超えた場合は、法人税を払ったほうが安く済むため、課税所得900万円を超えたら法人化をお勧めします。

 

法人化で税金が安く、経費の幅が広がります

不動産投資をしていると耳にする「法人化してみては?」という言葉の意味はどういうことでしょうか。

法人にすると、以下の2点でメリットがあります。

税金面
個人の場合の税金は所得税です。所得税は、所得が多ければ多いほど税金が高くなる仕組みです。
そのため、一定のラインを超えた場合法人税を支払うほうが安くなります。

経費
また経費の範囲が拡がります。法人ではオーナーに払う給与が経費として認められ、かつ、給与所得控除額が使えます。

 

まとめ

サラリーマンの法人設立について紹介してきました。

副業が本業より大きくなるなど状況によっては検討も必要ですが、
検討するにあたりメリットだけではなくデメリットも理解することはとても大切です。

サラリーマン大家の方や、ネットビジネスなど副業で利益を得ている方は、法人設立の際には是非参考にして下さい。

最新情報

2017.02.10
青色専従者控除
2017.02.10
消費税の還付手続きをしたい個人事業主様へ
2017.02.08
確定申告 | 節税のポイント
2017.02.08
確定申告の基本的な計算方法と必要書類について
2017.02.08
住宅ローン控除の必要書類や手続きの流れ

全てを表示

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせ

何でも相談会

住宅ローン借り換えセンター

アレシア税理士法人の確定申告サービスです。

アレシア税理士法人の公式ホームページです。

ページトップへ↑