会社設立:定款とは?会社設立のときに絶対必須の超重要書類について

会社設立:定款とは?会社設立のときに絶対必須の超重要書類について

会社設立,手続き

会社設立するためには、定款を作成する必要があります。

定款とは会社の憲法と呼ばれ、法務局に提出しなくてはいけない文書です。

今回は、会社設立における定款の概要から注意点までお話していきます。

定款とは?

定款とは、会社の憲法と呼ばれ、会社の大原則が記載されているものです。

定款を法務局に提出するには、印紙代というものがかかりますが、その値段は0〜4万円です

0円にするためには、電子定款にしなくてはいけません。

しかし、電子定款を作るのは少々困難を要します。

電子定款を作るのは難しい?

電子定款を作るのは、紙の定款を作るより遥かに難しいです。

電子定款を作成するにはアドビ社のアクロバットというソフトと電子カードリーダー、住民基本台帳カードが必要です。

アクロバットはおよそ3万5千円~、電子カードリーダー5千円、住基カードの認証手数料5百円となり、合計で4万5百円もかかります。

このように電子定款を作るのはお金がかかります。

しかし、専門家は、アクロバットや電子カードリーダーを持っていますので、専門家に頼んだほうが遥かに安く電子定款を作成できます

 実際に定款を作成してみよう!

では、実際に定款を作成してみましょう。

以下では、定款の記載で気をつけるべき所を2ヶ所紹介していきます。

「目的」欄

定款にはどのようなことをする会社であるかを記載しないといけません。

定款に載っていない仕事で得た収入は営業利益にはならず、営業外損益となってしまいます。

「本店所在地」欄

本店所在地を変更した場合は、定款を書き直す必要があるため、わざわざ株式総会を開かなくてはいけません。

これを防ぐため、なるべく大雑把(市区町村まで)に書くのがコツです。

例えば、「東京都中央区銀座10丁目7番地17」ではなく、「東京都中央区」と記載するべきなのです。

まとめ

今回は会社設立における定款について、お話ししました。

会社設立において定款の作成と認証は、必須作業です。

どちらも様々な注意点がありますので、専門家の助けを請いながら進んでいきましょう。

最新情報

2017.12.31
土地の相続
2017.12.31
相続税改正
2017.12.31
贈与
2017.12.31
相続権
2017.12.31
相続対策

全てを表示

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせ

何でも相談会

住宅ローン借り換えセンター

アレシア税理士法人の確定申告サービスです。

アレシア税理士法人の公式ホームページです。

ページトップへ↑