会社設立:【会社設立の豆知識】電子定款はPDFで作成した定款です!

会社設立:【会社設立の豆知識】電子定款はPDFで作成した定款です!

電子回路

会社設立時の定款は従来の紙の定款でなく、PDFで作成した電子定款で手続きをすることができます。電子定款で認証を受ける場合は印紙代が不要になるなどメリットがあります。ここでは会社設立時の電子定款の手続きの内容やメリット、デメリットについてご紹介していきます。

赤矢印設立を考えている方はお気軽にご相談ください

1.電子定款とはPDFで作成した定款のこと

従来のように紙ではなくPDFで作成した定款のことを電子定款と言います。ただし、ただPDFにすればいいわけではなく必要な手続きや機材があります。

赤矢印設立を考えている方はお気軽にご相談ください

2.電子定款の作成は8ステップで!

会社設立の際の電子定款の作成は以下のような順番で進めていきます。

2−1.定款の作成

Microsoft Office Wordファイルで作成した定款をPDFに変換します。

2−2.住民基本台帳カードの取得

住民票のある市区町村で下記を持参して住民基本台帳カードを取得します。
・運転免許証やパスポートなどの証明書
・手数料(通常500円ほど)
・写真(写真付き住基カードを希望の方のみ)
・交付申請書(窓口で記入)

2−3.電子証明書の取得

市区町村に下記を持参して電子証明書を取得します。
・住基カード
・運転免許証などの公的証明書(顔写真付きの住基カードの場合は不要)
・手数料500円
・電子証明書新規発行申請書(窓口で記入)

2−4.PDFに変換した定款に電子証明書を付与

住民基本台帳カードからPDFに変換した定款に、「ICカードリーダライタ」を使って電子署名を付与(以降「電子定款」という)します。

2−5.申請者情報の登録

法務省のオンラインシステムに申請者情報の登録をおこない申請用ソフトのダウンロードをおこないます。

2−6.申請用ソフトから電子定款を送信

ダウンロードした申請用ソフトを使って電子定款を送信します。

2−7.電子定款を公証人役場に送信

電子認証を受け付けている公証人役場へ電子定款を送信します。

2−8.定款の受け取り

認証が完了したら電子定款を送信した公証人役場に下記を持参して定款を受け取ります。
・USBメモリ(またはフロッピーディスク、CD-R)
・電子定款をプリントアウトしたもの2通(会社保存用と登記用です。)
・発起人(出資者)全員の印鑑証明書
・電子署名をした発起人以外の委任状(発起人が複数いる場合)
・認証手数料:50,000円
・その他手数料:合計1,700円ほど
・身分証明書
・印鑑

赤矢印設立を考えている方はお気軽にご相談ください

3.まとめ

印紙代が節約できる電子定款についてご紹介してきました。印紙代は節約できるメリットはありますが、専用機器や取得しなければならない証明書等の費用も掛かるので何度も会社設立をするなど特殊な状況下の場合以外あまりおすすめはしません。導入している専門家もいますのでそちらへ依頼することも検討するのもひとつの手です。

赤矢印設立を考えている方はお気軽にご相談ください

最新情報

2017.02.10
青色専従者控除
2017.02.10
消費税の還付手続きをしたい個人事業主様へ
2017.02.08
確定申告 | 節税のポイント
2017.02.08
確定申告の基本的な計算方法と必要書類について
2017.02.08
住宅ローン控除の必要書類や手続きの流れ

全てを表示

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせ

何でも相談会

住宅ローン借り換えセンター

アレシア税理士法人の確定申告サービスです。

アレシア税理士法人の公式ホームページです。

ページトップへ↑